長崎もぎたて!びわって? びわの魅力満載 イベント情報 プレゼント
トップページヘ 関連リンク集
長崎もぎたて!びわ

  長崎びわって?【品種紹介】
ひとくちに「びわ」といっても、種類はさまざま。
それぞれに特長ある長崎びわの品種をご紹介します。
 
《茂木》
 江戸時代、長崎で一人の女性が唐びわの種子をもらい受け、
その種子を播いたことが始まりとされる「茂木」。
長崎市茂木地区で栽培が普及したことからこの名がつきました。
栽培面積は全国シェアの54%。長崎もぎたて!びわの主流となっています。

《長崎早生》
 早生品種の代表格、「長崎早生」。寒さに弱いことから、ハウスで 栽培されています。 収穫は、早い年には1月にされることもあります。 果肉はやわらかくジューシー、上品な甘さが口の中に広がります。

《白茂木》
黄白色の果皮と白い果肉がなんとも珍しい晩生品種。
緻密でやわらかい果肉が特長のびわです。
今はまだ生産が少なくあまり知られていませんが、優れた品質を誇ります。

《福原早生》
 果実が大きく、ボリューム感はトップクラス。
ほとんどがハウスで、その大きさと美しさを保つため、大切に栽培されています。店頭では、「長崎甘香」の名称でお目にかかれます。

《涼風》
 果実品質に優れた「茂木」の良いところをしっかり譲り受けて、新たに登録されました。大きめの果実は糖度が高く、味わいにも自信があります。
今後の産地化が期待される新品種です。

《陽玉》
「涼風」と同じく、ニューフェイスの品種。収穫期は 「茂木」よりも若干遅く、美しい橙黄色の外観と、 甘みと酸味のバランスがとれた絶妙な味わいが魅力です。

 

 

(C)JA全農長崎